第1回たまにはお金について真剣に考えてみよう会議

借り入れ金額が100万円を超すような高額になる場合、消費者金融からの借り入れではなく銀行からの借り入れを考えましょう。
そもそも総量規制の対象となる消費者金融では100万円を借り入れたいのであれば最低でもその3倍の年収である300万円が必要になります。
しかしそう簡単に総量規制の限度額ぎりぎりを借り入れることはできませんのでそれ以上の年収が必要になるでしょう。
銀行は総量規制の対象外となります。
限度額自体はその銀行が独自に設定した基準をもとにして判断されることとなります。

 

高額借り入れは銀行がよいという理由はいくつかありますがやはり最大の理由は金利の違いにあります。

 

大きな金額を借りるときにはそれだけ返済期間も長くなります。
100万円を半年程度で返済することはまず難しい話になるでしょう。
長期戦になることはある程度覚悟しておかなくてはなりません。
返済期間が長くなると元金ではなく利息をよくよく考えておく必要が出てきます。
利息は消費者金融でも銀行でも同じように日割りで加算されていきます。
一日一日に利息がかかってきますが、高額の借り入れであればそれだけ一日の利息も大きくなってくるものです。
消費者金融の金利が18.0%、銀行で100万円を借り入れた金利が12.6%だとしましょう。
消費者金融の場合には一日の利息が493円となり、銀行では345円です。
これは期間が長くなればなるほどに大きな違いとして出てくることになります。

 

消費者金融今日中に借りるスグナビ
続きを読む≫ 2014/09/02 10:08:02

金利が高いのが消費者金融の特徴。
しかしそれがデメリットかと言えばそうではない場合もあります。
そうではないと言ったところでメリットになるのかと言えばそういうことではありませんが、気にならない事案もあるということです。

 

それが少額借り入れ短期返済です。
オススメの消費者金融利用方法となりますので解説していきましょう。

 

消費者金融の金利は18.0%です。
銀行では少額借り入れの場合例えば三菱東京UFJ銀行バンクイックでは14.6%です。
ここで5万円の借り入れを一か月間行った場合について比較してみます。
一か月と言えば返済回数は一回になりますので返済方式も比較の必要はありません。
一回に返済するのは元金と利息だけでありそれ以降のことは考える必要がありませんのでそれが元金総額利息総額となるたったの一回であることになります。

 

18.0%の金利の場合、5万円を借り入れた時には一日分の利息は24円となります。
これを30日となれば720円の利息です。
5万720円が返済総額となります。

 

14.6%の場合でも同じように見てみましょう。
この時には一日分の利息が20円です。
一か月分となれば利息の総額は600円。
5万600円が返済総額となります。

 

どうでしょうか。
その差はわずかに120円。
真剣に悩みぬくような金額ではありません。
ジュース一本分の違いしかありませんね。
少額キャッシングでなおかつ短期間に返済ができるのであれば消費者金融は賢い使い方ができるはずです。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:08:02

フリーキャッシングは消費者金融のメインプランです。
キャッシングをするときには消費者金融でのフリーキャッシングをすることになるでしょう。
それは総量規制のある消費者金融であることが理由になっているはずです。
大型の住宅ローンや自動車ローンとして使うにはあまりに金利が高く、そして限度額が低い、それもまた消費者金融の特徴になります。
それではおまとめも当然ながら使えないだろうと思いますね。

 

実は総量規制には消費者金融の中でも対象外となるローンがあります。
いくつかありますが代表的なもので言えばおまとめローンです。
とはいってもすべてのおまとめローンが利用できるというわけではなくいくつか条件があります。

 

毎月の返済額か返済総額のどちらかがおまとめローン利用前よりも低くなること。
おまとめローン利用以前よりも金利が低くなること。

 

この二つの条件をクリアできていれば年収の3分の1が借り入れの上限となる消費者金融でも大口のおまとめローンを利用することができます。
その理由としては総量規制の例外についてこのように記述があるからです。
「顧客に一方的に有利となる借り換え」を可能としていること。
以前よりも金利が低くなっていたり、以前よりも月の返済額や返済総額が小さくなることがわかっていたり、これは確かに有利になる借り換えになりますね。
ちなみにおまとめになりますので複数からの借り入れがあるでしょう。
その場合には複数の借入残高の平均利率を見ることとなります。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:08:02

過剰な融資を防ぐために消費者金融には総量規制があります。
年収の3分の1が貸し付けの上限となるというものです。
そのため増額をしたとしても限界がありますが、それが年収の3分の1ということです。

 

初めてキャッシングをしたときの限度額、これは思いのほか低く感じたのではないでしょうか。
利用限度額が10万円や20万円の場合、増額の申請をすると比較的面倒なことなくキャッシング限度額は上がっていきます。
一度に大きく上がるのではなく基本的には10万円ずつです。
返済ができるという信用を得ることができれば増額の審査には通過しやすくなりますが、返済を確実にこなしていれば年収の3分の1の上限までは滞りなく進むわけではありません。
一般的には収入証明の提出が必要となる50万円の貸付以上になると増額審査は厳しくなります。
それまでは比較的難しい審査ではありませんので利用するのもまたよいでしょう。

 

増額をすると金利が下がる傾向にあります。
これはすべての場合にというわけではありませんが、消費者金融の金利が下がる一つのタイミングが増額と言われています。
基本的には自分で申請をすることによって増額の審査が始まりますが、消費者金融によっては信用さえつまれていれば半年ごともしくは一定期間ごとに利用限度額が自動的に上がるところもあります。
高い限度額を希望している場合には増額についても考えてみるとよいでしょう。
他社からの借り入れを増やすよりも増額の方が安心できる手段になるはずです。

 

レディースローンを夫に内緒で
続きを読む≫ 2014/09/02 10:08:02

非常に怖い保証人制度。
実はこの保証人制度は今や見る影を薄れさせています。
消費者金融からの借り入れと言えば保証人や連帯保証人が付くのは常でありました。
保証人も連帯保証人も断る権利があるのかどうかという大きな違いがあるもののそれでも保証人になることには変わりありません。
現在の消費者金融では保証人ではなく保証会社が付くことがあります。
むしろどちらも必要ないことの方が一般的となっているほどです。

 

家族がキャッシングをしておりそれを遅延していることが発覚した場合。
保証人や連帯保証人になっていない限りは家族であっても返済を変わって行う必要はありません。
実は請求されることもあります。
それは闇金融であったりはするものではありますが、万が一家族だから返済をするようにと言われたとしてもはっきりと断ってかまいません。
請求すること自体が法律に違反することになりますので断ることに躊躇する必要はありません。

 

ともすれば自分が知らない間に保証人になっているということもあるかもしれません。
特に家族であれば印鑑を持ち出して署名も勝手にしてしまったということもあるかもしれないからです。
そんな時でも心配はありません。
現在は保証人になることも簡単なことではありません。
消費者金融や銀行でも保証人を付けるのであれば意思確認が保証人に対しても必要となります。
印鑑は仕方がないとしても署名が本人の筆跡で無いものであればそれは無効となります。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:08:02